【イノベーション研究方法論 最終講義報告】7月31日

プログラム 2013年8月1日 posted浅井 政美 【イノベーション研究方法論 最終講義報告】7月31日 はコメントを受け付けていません。

平成25年7月31日(水) 18-21 一橋大学イノベーション研究センター 2F 会議室にて、「イノベーション研究方法論」の最終講義が行われた。

担当教員は、塚田非常勤共同研究員、内藤研究員、前田大学院生、原特任助手の4名である。

内容は、特許データにsついての基本構造と役割、特許データベースの活用方法、モデルケースを用いた特許公報データベースの利用法、特許と文献との引用関係に基づくデータベースの利用法について、実例等を交えながら、講義と質疑応答が行われた。

「イノベーション研究方法論」の最終講義となった。

 

P1010183 (640x363)

- 講義をされる内藤研究員 -

P1010182 (640x218)

- 講義の全景 -

Comment