【インフラとサービスの統合~PICMET-2014金沢開催に向けた準備討論参加報告】10月28日

講演会 2013年10月29日 posted浅井 政美 【インフラとサービスの統合~PICMET-2014金沢開催に向けた準備討論参加報告】10月28日 はコメントを受け付けていません。

平成25年10月28日(月) 14:00-17:00に北陸先端科学技術大学院大学 東京サテライト (〒108-6019東京都港区港南2-15-1 品川インターシティA棟19階)で開催された

AIST Global Innovation Seminar
「インフラとサービスの統合~PICMET-2014金沢開催に向けた準備討論」
に参加したので報告する。

P1010838 (589x640)

- 会場のあるビルのホール -

世界最大規模の技術経営の国際会議であるPICMET-2014 は、来年7月に石川県金沢市での開催を予定しており、北陸先端科学技術大学院大学(JAIST)が後援いたします。

http://picmet-japan.org/saito/About_PICMET.html

PICMET-2014は「インフラストラクチャーとサービスの統合 Infrastructure and Service Integration」をメインテーマに設定し、世界中の学術および産業界からの発表を受け付け、活発に意見交換が行われることを期待しています。

本セミナーはその準備討論の場として、PICMET-Japan、日本MOT学会およびIEEE TMC Japan Chapterの協賛を受けて開催するものです。

■主  催: JAIST-iMOSTコース及びJAIST先端領域社会人教育院

■協  賛: PICMET-Japan、日本MOT学会、

IEEE Technology Management Council Japan Chapter

■プログラム(講演・質疑等は日本語です):

13:30-14:00 受付

14:00-14:05 開会挨拶: 井川 康夫 教授(JAIST)

14:05-15:30 講演-1(*): Richard Dasher 教授(Stanford大学)

“The Challenges of Innovation in As-a-Service

Businesses – A View from Silicon Valley”

15:30-15:45 Break

15:45-16:30 講演-2: 内平 直志 教授(JAIST)

“インフラビジネスにおけるM2Mサービスの分類とモデル化”

16:30-16:45 PICMET-2014金沢の開催案内と論文投稿日程及び

投稿カテゴリーについて:井川 康夫 教授(JAIST)

16:45-17:00 閉会挨拶(井川康夫教授)及びネットワーキング(名刺交換等)

感想:

スタンフォード大学のDasher教授の講演では、異なった領域のデータを分析することによって新しい示唆を得ることができる。また、心理学、社会学、経済学の融合とビッグデータの分析との統合がキーポイントであるが、最終的には人間の判断が重要である。日本では、工場の生産性が重要であったが、それらの国外移転が加速している現状では、おもてなしにつながる「人の体験」が今後の重要なファクターになるとの指摘があった。

PICMET’14のアブストラクトの投稿の締め切りは、11月15日に迫っている。投稿のカテゴリーの主なものには、「Research Paper」「Application Paper」があり、「Research Paper」は、研究論文の投稿である。「Application Paper」は、企業での活動結果をまとめたものでも充分投稿でき、投稿論文もPowerPointのスライドでも可能である。MOT全般のテーマであれば、投稿できる。

以上

 

Comment