2016年度「イノベーション研究方法論」補講

授業 2016年8月3日 postedkonno 2016年度「イノベーション研究方法論」補講 はコメントを受け付けていません。
「イノベーション研究方法論」補講では,前半は米元先生により「特許データベースの使用方法」に関するレクチャー,後半は吉岡先生により「定量分析の基礎④アンケート結果を分析する」をテーマに講義が行われました.

 

CIMG2715_R

 

CIMG2733_R

 

本講義では, 特許データベースの使用方法とアンケート結果の信頼性の検証(内部一貫性),アンケート結果の分類(クラスター分析),アンケート結果の集約の方法(因子分析,主成分分析)について学びました.これらの内容は,データベースの利用及びアンケート調査結果の分析に必要なものとなっています.

Comment