2017年度「先端科学技術とイノベーション」①

授業 2017年10月1日 postedtaniguchiir 2017年度「先端科学技術とイノベーション」① はコメントを受け付けていません。

第1回目(9月27日)の「先端科学技術とイノベーション」では、京都大学生存圏研究所の矢野浩之先生に「木の国ニッポンの資源-セルロースナノファイバー-」と題してご講義いただきました。

yano1

 

yano2

 

 

矢野先生は、木材物性の解明に長年にわたって取り組まれ、大学院時代には楽器用木材の音響特性を研究していたそうです。現在では、セルロースナノファイバーの開発に尽力しておられ、本講義ではセルロースナノファイバーの構造や性能、用途先、課題に至るまで、文系の学生にもわかりやすくご説明いただきました。

Comment