投稿者:taniguchiir

「イノベーションと経営・経済・政策」の第五回目の講義では、「イノベーションと地理的空間」と題して、中島先生にご講義いただきました。   なぜイノベーション活動が特定の地域に集中するのかを中心的なテーマとして、イノベーションと「空間」との関係をご説明いただきました。 また、いかに仮説を説得的な形で実証するかという点についても、既存…

もっと読む

【ご報告】2018年度組織学会研究発表大会

人材育成拠点 2018年6月11日 postedtaniguchiir

6月9日、10日に2018年度組織学会研究発表大会が東京大学本郷キャンパスにて開催されました。 組織学会は、多様な分野の研究者が所属する学会であるため、IMPP生が研究へのフィードバックを得る上で格好の学会です。   今回は2名のIMPP生が研究発表を行いました。それぞれ良い発表で、有益なコメントを他大の先生方からいただく貴重な…

もっと読む

6月6日に第四回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は吉岡先生から「定量分析の基礎①:関係を分析し、因果を推定する」と題してご講義いただきました。   定量データを用いた分析の重要性や問題点、分析結果の解釈の仕方などについて、さまざまな事例をもとにご説明いただきました。 昨年同様、受講者は各自で統計ソフトを実際…

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」の第四回目の講義では、「新製品開発のマネジメント」と題して青島先生にご講義いただきました。   新製品開発は、「価値の実現」と「機能の実現」という2つの活動から構成されることを具体的な事例を交えながらご説明いただきました。 そのうえで、価値もしくは機能各々をつくりだしていく中で具体的にどのよう…

もっと読む

5月19日に第二回目の「イノベーションリサーチセミナーⅠ」が行われました。 今回は青島先生、和泉先生、江藤先生、大山先生、軽部先生、谷口先生、吉岡先生、米倉先生の計8名の教員がIMPP生の研究指導を行いました。   今日は5名が研究発表を行い、他の学生は研究進捗の報告をしました。 研究発表では多くの質問やコメントが教員からだけで…

もっと読む

5月17日に第三回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は青島先生から「質問票調査と事例分析の手法」と題してご講義いただきました。   質問票調査と事例分析の方法についてご説明いただきました。 それぞれの手法の強みに加え、弱みや気を付けるべき問題点を丁寧にご説明いただきました。

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」の第三回目の講義では、「戦略論から見たイノベーション研究の分析視角と課題」と題して軽部先生にご講義いただきました。   イノベーション・プロセスに内在する基本的な課題をご説明いただき、多様なイノベーション研究をご紹介いただきました。 そのうえで、どのような研究課題が残されているかということを、…

もっと読む

5月2日に第二回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は清水先生から「イノベーション分析のための歴史的アプローチ」と題してご講義いただきました。   歴史的アプローチの3タイプをさまざまな事例を交えながらご説明いただきました。 その上で、時間軸やデータの取り方、イノベーション研究における歴史的アプローチ、良い歴史…

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」の第二回目の講義では、「イノベーション創出における知識創造と資源動員」と題して、青島先生にご講義いただきました。   イノベーションの定義を確認した上で、イノベーションの実現プロセスを構成する「資源動員」と「知識創造」についてご説明いただきました。 それらのプロセスに潜む矛盾をいかに克服してい…

もっと読む

4月18日に第一回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は青島先生から「社会科学の研究方法」と題してご講義いただきました。   社会科学の特徴(自然科学との違い)を理解した上で、社会科学の研究者がどのように研究を進めていくのかをご説明いただきました。 因果モデルの基本とその検証方法、検証過程で注意すべき点を受講者…

もっと読む