カテゴリー:授業

「イノベーション研究方法論」第4回目の講義では,吉岡先生により「定量分析の基礎①事実を確認する」をテーマに講義が行われました.       本講義は,定量的なデータを集計して分析する流れを解説し,実際にMicrosoft Excelを使った演習を行いました. また,受講生には「“技術力で勝る日本が,なぜ事業で…

もっと読む

「イノベーションと経営経済政策」第5回目の講義では,大山先生により「経済学的アプローチ」と「イノベーション,産業のライフサイクル,スピンオフ」をテーマに講義が行われました. 本講義は,スピンオフ,サブマーケット,プロセスイノベーション,プロダクトイノベーションに焦点を当てて,産業のライフサイクルについてレクチャーが行われました.また,事前…

もっと読む

「イノベーション研究方法論」第3回目の講義では、清水先生により、「イノベーション分析のための歴史的アプローチ」と題して講義が行われました。 本講義は、「3つの歴史研究のパターン」についての説明から始まり、歴史的アプローチを行う上での時間の扱い方やデータについて、そして、イノベーション研究を行う上での「歴史」ということについてレクチャーが行…

もっと読む

今年度第2回目の「イノベーションリサーチセミナーI」が、先週土曜日(5月28日)に行われました。 今回の担当教員は、青島教授、江藤特任教授、大山准教授、朝野特任講師、木村特任講師、吉岡特任講師、紺野特任助教で、IMPP受講生9人の研究発表に対して議論・論文指導が行われました。IMPP受講生、教員含め約20人が出席する中、専門領域を考慮して…

もっと読む

「イノベーションと経営経済政策」第4回目の講義では,青島先生により「イノベーション創出における知識創造と資源動員」をテーマに講義が行われました.     本講義はイノベーション実現における2つの側面である「資源動員プロセス」と「知識創造プロセス」について,概念的な部分から実際の事例までレクチャーが行われました. 青島先…

もっと読む

「イノベーション研究方法論」第2回目の講義では,青島先生により,「質問票調査と事例分析の手法」をテーマに行われました. 本講義は,社会科学の研究の一般的な流れからはじまり,質問票を設計する上での基本的な考え方や事例研究から得られる定性的な情報の補完的利用についてまでレクチャーが行われました. 今回の内容は,研究に取り組む受講生にとって実践…

もっと読む

「イノベーションと経営経済政策」第3回目の授業では,軽部先生により「戦略論から見たイノベーション研究の分析視角と課題」をテーマに講義が行われました. 本講義は,イノベーション・プロセスの多面性と基本課題の説明から,日本企業を対象とした研究知見の解説まで,興味深い内容で構成されていました. 受講生には「イノベーションを興すという視点から企業…

もっと読む

イノベーション研究方法論第1回目の講義では,延岡先生により,「社会科学における学術研究の目的と重要点」をテーマに講義が行われました. 学術研究の存在意義からはじまり,Interestingな研究とは何であるのか,学生も含めて活発な議論がなされました. また,講義の後半には,「自分が興味のあるシンプルな因果モデルを考える」という課題に対して…

もっと読む

月に1度の「イノベーションリサーチセミナーI」今年度第1回目が先週土曜日(4月23日)に行われました。今月のご担当は、西口先生、岡田先生です。 今回は、昨年度同様に2教室に分かれ、前半は2年生の研究発表、後半は新入生全員に研究計画発表をしていただきました。リサーチセミナーでは、発表の最中でも、教員、そして学生から質問・コメントが沢山投げか…

もっと読む

「イノベーションと経営経済政策」第2回目の授業では、延岡先生に「価値づくりのイノベーション」と題して、ご講義いただきました。   イノベーションの経営における重要性は、優れた技術・商品を研究開発することと(広義の「ものづくり」)、それらを社会に展開し、経済的な価値を創出する(広義の「価値づくり」)の2つに分けて考えることができる…

もっと読む