【先端科学技術とイノベーション第4回授業予定】11月13日

プログラム 2013年10月31日 posted浅井 政美 【先端科学技術とイノベーション第4回授業予定】11月13日 はコメントを受け付けていません。

平成25年度イノベーションマネージメント・政策プログラムの必修科目である「先端科学技術とイノベーション」の第4回の授業を行います。

この授業は一般の方の聴講も可能です。
聴講希望の方は、11月11日(月)までに、
impp@iir.hit-u.ac.jpまでに御氏名、御所属を明記の上お知らせください。
定員の都合上ご希望に添えない場合もありますので、ご了承ください。

日時:11月13日(水) 18から21時

場所:一橋大学 千代田キャンパス 学術総合センター1F 商学研究科リエゾン・ラボ 大会議室  アクセス

・エネルギー領域

テーマ①「新しいエネルギー戦略とイノベーション」

・概要

2011年3月11日の東日本大震災とそれにともなう東京電力福島第一原子力発電所事故を契機にして、
日本のエネルギー政策は根底的に見直されることになった。
また、2000年代後半から本格化したアメリカ発のシェール革命は、
世界のエネルギーのあり方を大きく変容させつつある。
本講義では、これらの新しい状況を視野に入れつつ、
今後のエネルギー戦略の方向性と、そこで必要とされるイノベーションの内容について、
光を当てる。

・講師

一橋大学商学部・大学院商学研究科

橘川武郎教授

・御略歴

1983年に東京大学大学院経済学研究科博士課程を単位修得退学し、青山学院大学経営学部助教授、東京大学社会科学研究所教授などを経て、2007年より現職。その間に、ハーバード大学ビジネススクール客員研究員、サンガレン大学・ベルリン自由大学・延世大学客員教授などもつとめる。経済学博士。専攻分野は、経営史、エネルギー産業論、地域経済論、スポーツ経営論。総合資源エネルギ―調査会委員・釜石市復興アドヴァイザーなど、政府・地方自治体関係の諸委員を歴任。所属学会は、経営史学会、組織学会、社会経済史学会、企業家研究フォーラムなど。2013年から経営史学会会長。

テーマ②「未定」

・講師

一橋大学イノベーション研究センター

青島 矢一教授

・御略歴

研究者情報

以上。

平成25年度1113【先端科学技術と (640x480)

Comment