【SciREX国際シンポジウム「アントレプレナーシップとイノベーション政策」開催報告】10月2日

プログラム 2014年10月3日 posted浅井 政美 【SciREX国際シンポジウム「アントレプレナーシップとイノベーション政策」開催報告】10月2日 はコメントを受け付けていません。

平成26年10月2日(木) 9:30から17:30にSciREX国際シンポジウム「アントレプレナーシップとイノベーション政策」が開催された。

会場:一橋講堂中会議場(〒101-8439 東京都千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2F)

主催:一橋大学、政策研究大学院大学、東京大学、大阪大学・京都大学、九州大学

ほぼ定刻通り盛会の内に終了した。

プログラム:

「アントレプレナーシップとイノベーション政策」

9:00開場

9:30~9:45 開会挨拶  (一橋大学落合副学長)

9:45~10:00 来賓挨拶 (文部科学省 科学技術・学術政策局 岸本次長)

10:00~12:00 セッション1

講演者1:Martin Kenney, Professor,UC Davis

テーマ:The Diverse Roles of Universities in Regional Innovation Ecosystems:Case Studies from University of California Campuses

講演者2: Matthias Kipping, Professor, York University

テーマ:Deep Roots: From Local Entrepreneurship and Innovation to Global Success

12:00~13:00 昼食

13:00~15:00 セッション2

講演者3: 伊佐山 元 ワールドイノベーションラボ 共同創業者・CEO

テーマ:Changes in VC Landscape -Why you should be excited about Venture Ecosystem in Japan

講演者4: 宍戸 善一教授 一橋大学大学院国際企業戦略研究科

テーマ:Does Law Matter to Financial Capitalism?:The Case of Japanese Entrepreneurs

15:00~15:20 コーヒー・ブレイク

15:20~16:20

講演者5: 石井芳明 経済産業省経済産業政策局新規産業室新規産業調整官

テーマ:Industrial Policy for Fostering Entrepreneurship in Japan

16:20~17:30 パネルディスカッション

モデレータ: 米倉 誠一郎教授 一橋大学イノベーション研究センター

パネラー:Martin Kenney、Professor, Matthias Kipping, Professor、宍戸 善一教授、石井芳明新規産業調整官

17:30     閉会

以上

P1040340 (640x431)

 

- 一橋講堂の玄関に設置された看板 -

 

P1040351 (640x589)

 

- 開会の挨拶をされる一橋大学落合副学長 -

 

 

P1040382 (640x589)

 

- パネルディスカッションのチェアをされる一橋大学 米倉教授 -

 

P1040364 (561x640)

 

- 司会をされる一橋大学 青島教授 -

Comment