2016年度「イノベーション研究方法論」⑦

授業 2016年7月27日 postedkonno 2016年度「イノベーション研究方法論」⑦ はコメントを受け付けていません。
「イノベーション研究方法論」第7回目の講義では,岡田先生により「特許データの定量分析・特許データベース使用方法」をテーマに講義が行われました.

 

CIMG2404_R

 

CIMG2413_R

 

本講義では,特許データベース等を利用して実証研究を行うための基本的な知識を身につけることを目的に,特許制度とデータベースの概要,イノベーション指標としての特許データベースの活用手法,特許データベースを用いた分析事例について解説を行いました.
受講生には,「価値の高い特許とはどのようなものか」という事前課題が課されました.

Comment