【報告】先端科学技術とイノベーション10月19日

授業 2016年10月20日 postedkonno 【報告】先端科学技術とイノベーション10月19日 はコメントを受け付けていません。
第2回目の「先端科学技術とイノベーション」では,京都大学生存圏研究所の矢野浩之先生により「生き物の力の借り方-セルロースナノファイバー材料の開発-」をテーマに講義が行われました.

 

CIMG0502_R

 

CIMG0501_R

 

矢野先生は,長年にわたって木材物性の解明に取り組まれ,現在ではセルロースナノファイバー材料の開発に尽力されていらっしゃいます.本講義では,セルロースナノファイバーの製造や資源,用途を中心に,セルロースナノファイバーの魅力や将来的な展望についてレクチャーして下さいました.

Comment