2017年度「イノベーション研究方法論」②

授業 2017年5月11日 postedseongmi 2017年度「イノベーション研究方法論」② はコメントを受け付けていません。

5月10日に、「イノベーション研究方法論」の第2回目が行われました。今回は「質問票調査と事例分析の手法」と題して、青島先生にご講義いただきました。

20150510_1

20170510_2

研究調査には「どうなっているのか」を問う研究と「何故なのか」を問う研究といった二つのタイプがあり、「何故なのか」を問う研究を念頭に置く方がいいと説明いただきました。また、「どうしたらいいのか」「どうすべきなのか」「今後どうなるのか」という問いかけは避けるべきであり、これらの問いは現状の「なぜ」に答えれば自ずと確度の高い将来予測に繋がるとのことでした。

それ以外に社会科学の因果モデルの検証プロセス、質問票調査の手法、事例分析やインタビュー調査のノウハウなど教えていただき、学生たちとの議論も盛り上がりました。

Comment