「イノベーション研究方法論」量的分析編3

授業 2020年7月27日 postedkimura 「イノベーション研究方法論」量的分析編3 はコメントを受け付けていません。

本日のイノベーション研究方法論では、複雑な因果関係の中で、個々の因果関係を推定する手法を、統計解析ソフトのSTATA(またはR)を使って演習しました。今日の目標は、実践的な最小二乗法の回帰分析の活用が出来るようになること、ロジスティクス回帰分析を理解・実践すること。

今回も、特別に制作された動画を使って、講義、演習を進めました。

今週は、イノベーションと経営・経済・政策とイノベーション研究方法論の授業が続きます。明日以降のスケジュールです。
7月28日火曜日、「イノベーションと経営・経済・政策」担当:中島賢太郎准教授
7月29日水曜日、「イノベーション研究方法論」担当:カン・ビョンウ准教授
7月30日木曜日、「イノベーションと経営・経済・政策」担当:江藤学教授

Comment