投稿者:taniguchiir

「イノベーションと経営・経済・政策」第五回目の授業では、「イノベーションと地理的空間」と題して、中島先生にご講義いただきました。   なぜイノベーション活動が特定の地域に集積するのかを基本的な問いとして、「空間」をテーマとしたイノベーション研究をご説明いただきました。講義の後半では、「新幹線敷設によって沿線の研究開発活動が活性化…

もっと読む

「イノベーション研究方法論」第四回目の授業では、「定量分析の基礎①:関係を分析し、因果を推定する」と題して、吉岡先生にご講義いただきました。   定量情報を用いた分析の重要性やそこに潜む落とし穴、統計分析の結果の解釈の仕方などについて、さまざまな事例をもとにご説明いただきました。それらを踏まえ、各自が統計ソフトを実際に操作するこ…

もっと読む

5月20日に第二回目の「イノベーションリサーチセミナーⅠ」が行われました。今回は、青島先生、朝野先生、江藤先生、金先生、谷口先生、延岡先生、吉岡先生、米倉先生の計8名の教員が二部屋に分かれ、IMPP生の研究報告が行われました。   現在IMPP生はそれぞれ、夏のIIRサマースクールや学会発表、論文執筆に向けて研究を進めています。

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」第三回目の授業では、「戦略論から見たイノベーション研究の分析視角と課題」と題して、軽部先生にご講義いただきました。 多種多様なイノベーション研究を概観したうえで、「イノベーションの経営学」に分類される既存研究をご紹介頂きました。それを踏まえ、どのような研究課題が残されているかということを、先生ご自身の研…

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」第二回目の授業では、「イノベーションと価値づくり経営」と題して、延岡先生にご講義いただきました。     製造業の役割とはイノベーションを創出することであり、イノベーションは「ものづくり」と「価値づくり」から成る。そのような考えを根本に据え、「価値づくり」とは具体的にどのようなことな…

もっと読む

4月19日18時より、「イノベーション研究方法論」の第1回目が行われました。今回は「社会科学における学術研究の目的と重要点」と題して、延岡先生にご講義いただきました。 学術研究の存在意義からはじまり、3つの妥当性(バリディティ)など、学術研究を厳密に遂行していく上で注意すべき点についてご説明いただきました。とりわけ、内的妥当性に関しては、…

もっと読む