カテゴリー:人材育成拠点

入試説明会・体験授業のお知らせ

人材育成拠点 2017年11月14日 postedkimura

IMPPでは、2018年度の新規受講生のための入試説明会と体験授業を行います。 参加をご希望される方は、氏名と連絡先、参加希望日を明記の上、impp★iir.hit-u.ac.jpまでご連絡をお願いいたします。(★を@に変えてください) ▶︎2018年度IMPPの募集要項についてはこちら  

もっと読む

10月28日から29日にかけて、京都大学吉田キャンパスで「研究・イノベーション学会第32回年次学術大会」が開催されました。IMPPからは、学生7名と教員4名が11件の発表を行いました。     学会発表という場は、リサーチセミナーよりもオーディエンスの多様性が富んでいます。そのため、学会発表は、自身の研究成果を報告する…

もっと読む

研究イノベーション学会第32回年次学術大会が開催され、IMPPの責任者である青島矢一教授が、NEDOから提供を頂いたデータを分析し、研究と政策双方に貢献したその研究上の功績を讃えられ、共同研究者の松嶋一成准教授(徳島大学:写真)、そして、NEDOと共に学会賞を受賞いたしました。 IMPPからは江藤教授が昨年度の学会賞を受賞しており、2年連…

もっと読む

【ご報告】2017年度組織学会研究発表大会

人材育成拠点 2017年6月19日 postedtaniguchiir

先週末(6月17日、18日)、2017年度組織学会研究発表大会が滋賀大学にて開催されました。組織学会には多様な分野の研究者が参加しているため、IMPP生が研究へのフィードバックを得る上で格好の学会です。   また、研究発表大会では毎年、「組織学会高宮賞」受賞者の発表も行われます。今年の高宮賞・著書部門では、清水洋先生が『ジェネラ…

もっと読む

【報告】地域イノベーション報告会

人材育成拠点 2017年3月24日 postedyonemoto

昨日、政策研究大学院大学(GRIPS)にて、SciREX事業拠点間連携プロジェクトである、地域イノベーションの事例研究報告会が行われました。 報告会では、日本各地から10事例を上げ、エネルギーセッション・技術セッション・文化/観光セッション・農水産業/復興セッションの4項目に分けて発表と議論が行われました。 報告会には、一橋大学と、地域イ…

もっと読む

【報告】Workshop on Innovation in Digital Industries

シンポジウム 2017年2月24日 postedyonemoto

昨日、一橋大学佐野書院にて、IMPP主催のデジタル産業におけるイノベーションのワークショップ(Workshop on Innovation in Digital Industries)を開催しました。 英国やドイツからも研究者を招き、デジタル化の進行によって、企業が迫られている対応の変化や、インターネットやゲームなど、デジタル産業における…

もっと読む

最初の話題提供者は東京大学の元橋教授です。学術論文データ、特許情報、経済データを接続して、インプットから最終アウトプットまでのイノベーションプロセス全体像をミクロマクロの両面から分析するという試みの発表です。一通りのデータ接続がおわり、分析途中ということですが、いくつか結果がでてました。特許を介したアカデミアと企業との連携は、2000年代…

もっと読む

(24日)午後後半は、まずパネルディスカッションとして、文科省、厚労省、経産省から、それぞれの将来戦略が紹介され、議論を行ないました。 文科省からは科学技術予測センター長の赤池氏が「科学技術予測調査:国際的視点からのシナリオプランニング 」を、厚労省からは生活衛生課長の榊原氏が「保険医療2035年ビジョン」を、経済産業省からは官房総務課の…

もっと読む

「エビデンスから考える未来社会への戦略とシナリオ」のメインセッションが始まりました。 政策研究大学院大学長の白石さんは「新たな時代の国の役割」というタイトルで、日本の世界における役割を論じました。ポイントはいくつかありましたが、一番強調されたのは「ソサイアティ5.0やインダストリ4.0に対応した「government3.0」が日本に必要。…

もっと読む

今日と明日、東京内幸町のイイノカンファレンスセンターで、「エビデンスから考える未来社会への戦略とシナリオ」というタイトルのオープンフォーラムが開催されます。今年のSciREXのメインイベントの1つです。 午前中はプレセッションとして、「ビジョンから考える科学と社会の望ましい関係性とは?」が開催されています。  

もっと読む