カテゴリー:授業

第8回目の「先端科学技術とイノベーション」は,「新しい光の学・・・ドレスト光子を学び活かす・・・」をテーマに大津元一先生(ドレスト光子研究起点 代表)に講義をして頂きました.     本講義では,光科学技術の歴史をレビューされた後に,ドレスト光子の性質や応用例を紹介して頂きました.大津先生は長年に渡って従来の光技術の限…

もっと読む

第7回目の「先端科学技術とイノベーション」は,光領域に関する研究者と実務家のお二人をお迎えして開催されました.     前半では,「明かりのイノベーション:『白い光を創る』」をテーマに宮原諄二先生(元一橋大学イノベーション研究センター教授)より講義をして頂きました.本講義では,どのように白色LEDが開発されてなぜ白色L…

もっと読む

冬学期3回目のイノベーションリサーチセミナーが行われました. 2016年内で最後のリサーチセミナーとなり,年度内では残すところ後一回となりました. 受講生はイノベーションマネジメント・政策プログラムで開講されている専門性の高い講義を通じて得た新たな知見を元に,本セミナーで発表及びディスカッションを行っています.    …

もっと読む

第6回目の「先端科学技術とイノベーション」では,一橋大学イノベーション研究センター特任講師で電力中央研究所社会経済研究所主任研究員の朝野賢司先生が「再エネ政策と電力自由化」をテーマにご講義くださいました.     本講義では,電力システム改革とFIT法改正の動きについて解説の後に,FIT法改正後の残された課題や供給力確…

もっと読む

第5回目の「先端科学技術とイノベーション」では,株式会社KDDI総合研究所の矢崎智基先生により「これまでのモバイル通信と第5世代に向けて」をテーマに講義が行われました.     矢崎先生は,これまで携帯端末用の赤外線通信インターフェース標準化活動に従事されたり,ユーザーインターフェースグループにおいて新規サービス・端末…

もっと読む

  冬学期2回目のイノベーションリサーチセミナーが行われました。 秋は、学外でも多くの学会が開催されます。前回のリサーチセミナーから、未だ4週間しか経っていませんが、その間、履修生達は、そうした様々な学会での発表を経験し、一段と進歩した研究を携え、本日のセミナーに臨んでいました。    

もっと読む

第4回目の「先端科学技術とイノベーション」では,インテル株式会社の野辺継男先生により「ICT産業とクルマ産業におけるイノベーションの圧倒的な違い」をテーマに講義が行われました.       本講義では,ICTの指数関数的発展やクルマのスマート化に関する解説,ICTとクルマのイノベーションの今後の課題とクルマ産…

もっと読む

第3回目の「先端科学技術とイノベーション」では,ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の大木洋昭先生により「ソニーイメージセンサにおけるイノベーション」をテーマに講義が行われました.       本講義では,ソニーイメージセンサビジネスの概要や歴史,CMOSイメージセンサ技術に関する解説だけでなく,今後…

もっと読む

第2回目の「先端科学技術とイノベーション」では,京都大学生存圏研究所の矢野浩之先生により「生き物の力の借り方-セルロースナノファイバー材料の開発-」をテーマに講義が行われました.       矢野先生は,長年にわたって木材物性の解明に取り組まれ,現在ではセルロースナノファイバー材料の開発に尽力されていらっしゃ…

もっと読む

昨日、冬学期の必修科目である「先端科学技術とイノベーション」の授業がスタートしました。この授業は、月2回の頻度で、毎回18時から21時までの3時間、千代田キャンパス企業戦略研究科第5講義室を利用させていただき、実施します。毎回、ゲスト講師を迎え、各々の専門領域の「先端科学技術とイノベーション」についてお話いただきます。 第1回目の昨日は、…

もっと読む