カテゴリー:授業

「イノベーションと経営・経済・政策」第二回目の授業では、「イノベーションと価値づくり経営」と題して、延岡先生にご講義いただきました。     製造業の役割とはイノベーションを創出することであり、イノベーションは「ものづくり」と「価値づくり」から成る。そのような考えを根本に据え、「価値づくり」とは具体的にどのようなことな…

もっと読む

4月19日18時より、「イノベーション研究方法論」の第1回目が行われました。今回は「社会科学における学術研究の目的と重要点」と題して、延岡先生にご講義いただきました。 学術研究の存在意義からはじまり、3つの妥当性(バリディティ)など、学術研究を厳密に遂行していく上で注意すべき点についてご説明いただきました。とりわけ、内的妥当性に関しては、…

もっと読む

今年度第1回目の「イノベーションリサーチセミナーⅠ」が、先週土曜日(4月15日)に行われました。この授業は、月に1度、IMPP生全員が集まり、発表担当の学生が自身の研究計画もしくはその進捗を報告し、教員や他の学生とのディスカッションを通じて論文を作り上げていく内容となっています。 今回は、ゲスト講師として清水教授とカン専任講師にご出席いた…

もっと読む

4月12日(水)18時より、平成29年度IMPPの初回授業「イノベーションと経営・経済・政策」が行われました。今回は、授業全体の概要に加え、科学技術政策と経営学との関係を、青島先生からご説明頂きました。先生ご自身が分析なさった「グリーン家電普及促進事業」の事例などをもとに、科学技術政策の策定に対してイノベーション研究が果たす役割をご講義し…

もっと読む

先週土曜日(1/28)に、冬学期4回目のイノベーションリサーチセミナーが行われました。 受講生はイノベーションマネジメント・政策プログラムでの講義やセミナー,サマースクール,サマーキャンプ,学会発表などの学外での活動といった多くの経験を積みながら論文の執筆に励んでおり,本セミナーで成果を報告して教員からフィードバックを受けていました。 &…

もっと読む

第8回目の「先端科学技術とイノベーション」は,「新しい光の学・・・ドレスト光子を学び活かす・・・」をテーマに大津元一先生(ドレスト光子研究起点 代表)に講義をして頂きました.     本講義では,光科学技術の歴史をレビューされた後に,ドレスト光子の性質や応用例を紹介して頂きました.大津先生は長年に渡って従来の光技術の限…

もっと読む

第7回目の「先端科学技術とイノベーション」は,光領域に関する研究者と実務家のお二人をお迎えして開催されました.     前半では,「明かりのイノベーション:『白い光を創る』」をテーマに宮原諄二先生(元一橋大学イノベーション研究センター教授)より講義をして頂きました.本講義では,どのように白色LEDが開発されてなぜ白色L…

もっと読む

冬学期3回目のイノベーションリサーチセミナーが行われました. 2016年内で最後のリサーチセミナーとなり,年度内では残すところ後一回となりました. 受講生はイノベーションマネジメント・政策プログラムで開講されている専門性の高い講義を通じて得た新たな知見を元に,本セミナーで発表及びディスカッションを行っています.    …

もっと読む

第6回目の「先端科学技術とイノベーション」では,一橋大学イノベーション研究センター特任講師で電力中央研究所社会経済研究所主任研究員の朝野賢司先生が「再エネ政策と電力自由化」をテーマにご講義くださいました.     本講義では,電力システム改革とFIT法改正の動きについて解説の後に,FIT法改正後の残された課題や供給力確…

もっと読む

第5回目の「先端科学技術とイノベーション」では,株式会社KDDI総合研究所の矢崎智基先生により「これまでのモバイル通信と第5世代に向けて」をテーマに講義が行われました.     矢崎先生は,これまで携帯端末用の赤外線通信インターフェース標準化活動に従事されたり,ユーザーインターフェースグループにおいて新規サービス・端末…

もっと読む