投稿者:taniguchiir

5月19日に第二回目の「イノベーションリサーチセミナーⅠ」が行われました。 今回は青島先生、和泉先生、江藤先生、大山先生、軽部先生、谷口先生、吉岡先生、米倉先生の計8名の教員がIMPP生の研究指導を行いました。   今日は5名が研究発表を行い、他の学生は研究進捗の報告をしました。 研究発表では多くの質問やコメントが教員からだけで…

もっと読む

5月17日に第三回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は青島先生から「質問票調査と事例分析の手法」と題してご講義いただきました。   質問票調査と事例分析の方法についてご説明いただきました。 それぞれの手法の強みに加え、弱みや気を付けるべき問題点を丁寧にご説明いただきました。

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」の第三回目の講義では、「戦略論から見たイノベーション研究の分析視角と課題」と題して軽部先生にご講義いただきました。   イノベーション・プロセスに内在する基本的な課題をご説明いただき、多様なイノベーション研究をご紹介いただきました。 そのうえで、どのような研究課題が残されているかということを、…

もっと読む

5月2日に第二回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は清水先生から「イノベーション分析のための歴史的アプローチ」と題してご講義いただきました。   歴史的アプローチの3タイプをさまざまな事例を交えながらご説明いただきました。 その上で、時間軸やデータの取り方、イノベーション研究における歴史的アプローチ、良い歴史…

もっと読む

「イノベーションと経営・経済・政策」の第二回目の講義では、「イノベーション創出における知識創造と資源動員」と題して、青島先生にご講義いただきました。   イノベーションの定義を確認した上で、イノベーションの実現プロセスを構成する「資源動員」と「知識創造」についてご説明いただきました。 それらのプロセスに潜む矛盾をいかに克服してい…

もっと読む

4月18日に第一回目の「イノベーション研究方法論」が行われました。 今回は青島先生から「社会科学の研究方法」と題してご講義いただきました。   社会科学の特徴(自然科学との違い)を理解した上で、社会科学の研究者がどのように研究を進めていくのかをご説明いただきました。 因果モデルの基本とその検証方法、検証過程で注意すべき点を受講者…

もっと読む

平成29年度修了生の修了式が行われました。

その他イベント 2018年4月16日 postedtaniguchiir

3月28日、商学研究科長室にてIMPPの修了式が執り行われました。 今年度の修了生は4名です。そのうちの2名は、蜂谷豊彦商学研究科長から修了証書を28日に受け取りました。        皆さん、修了おめでとうございます。仕事と研究を両立させながら単位を取得し、修了論文を執筆していくことはとても厳しい道のりだったと思いま…

もっと読む

今年度第一回目の「イノベーションリサーチセミナーⅠ」が、先週土曜日(4月14日)に行われました。 この授業は、月に1度、IMPP生全員が集まり、発表担当の学生が自身の研究計画もしくはその進捗を報告し、教員や他の学生とのディスカッションを通じて論文を作り上げていく内容となっています。      今回は、青島先生、和泉先生、江藤先生…

もっと読む

4月11日に、平成30年度IMPPの初回授業「イノベーションと経営・経済・政策」が行われました。 今回は青島先生から、授業全体の概要に加え、科学技術政策に対して経営学がどのような貢献ができるのかをご説明いただきました。   今年度の新入生は、社会人学生及び本学の大学院生を合わせた10名です。 IMPPの今学期の講義はこの他に、「…

もっと読む

第8回目(1月24日)の「先端科学技術とイノベーション」では、東京大学大学院理学系研究科の教授であり、ぺプチドリーム株式会社のCo-founderかつ社外取締役である菅裕明先生に「特殊ペプチド創薬イノベーション ぺプチドリーム流経営戦略からみた日本型大学発ベンチャーの新しい姿―基礎研究からイノベーションへ―」と題してご講義いただきました。…

もっと読む