カテゴリー:授業

  4月6日(水)18時より、平成28年度IMPPの初回授業、「イノベーションと経営・経済・政策」第1回目が行われました。 また、授業後は、新入生ガイダンスと懇親会が行われました。 今年度の新入生は、本学博士後期課程の学生および社会人学生を合わせて6名です。 今学期は、「イノベーションと経営・経済・政策」、「イノベーション研究方…

もっと読む

第7回「先端科学技術とイノベーション」の講義では光領域をテーマに、イノベーション ファクター研究センター代表(元・一橋大学イノベーション研究センター教授)宮原諄二氏から「明かりのイノベーション:『白い光を創る』」というタイトルで、富士フイルム株式会社R&D統括本部先端コア技術研究所光学基盤技研究室長の納谷昌之氏から「ナノフォトニクス研究が…

もっと読む

第5回「先端科学技術とイノベーション」の講義では、素材(繊維)領域をテーマに、東レ株式会社 処理・環境事業本部 海外大型プロジェクト・技術リーダー 植村忠廣氏に「東レにおけるRO膜開発」というタイトルでお話いただきました。 逆浸透膜(Reverse Osmosis Membrane 通称 RO膜)の原理やRO膜による水処理の仕組みから始ま…

もっと読む

先端科学技術とイノベーション、昨日のゲストは、東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科の仙石慎太郎先生でした。 「幹細胞・再生医療技術とイノベーション」についての現状と事例について、そして産学公連携コンソーシアムの意義などについて、くわしく、ご説明をしていただきました。

もっと読む

第3回目となる、本日の先端科学技術とイノベーションは、ATR脳情報研究所の川人光男先生による「脳科学と人工知能」についてのご講義でした。   目まぐるしく変化している分野なので、少し難しい部分もありましたが、ここまで進化しているのか、という驚きの連続でした。「人」と「モノ」の関係性についても考えさせられました。   &…

もっと読む

先端科学技術とイノベーション、第2回目(10/28)は、一橋大学イノベーション研究センター特任講師で、電力中央研究所社会経済研究所主任研究員の朝野賢司先生の授業でした。「再エネ大量導入政策が電力システム改革に与える影響」というタイトルでお話をしていただきました。        

もっと読む

先週土曜日、冬学期のイノベーションリサーチセミナーがはじまりました。 IMPPも三年目となり、学生の数が増え、教室が狭くなってきました。そのため、今期からは、じっくり、発表、ディスカッションする時間を設けたいということもあり、教室をふたつにわけています。 イノベーションリサーチセミナーは、受講者の論文の発表及びそれに関する指導を行う場です…

もっと読む

昨日から、冬学期の必修科目、先端科学技術とイノベーションの授業が始まりました。この授業は、隔週の開講で、18時から21時まで、千代田キャンパス1階の商学研究科リエゾンラボで行われます。毎回、ゲストをお迎えし、講義名のとおり、「先端科学技術とイノベーション」についてお話をしていただいています。 第1回目の昨日は、国立研究開発法人産業技術総合…

もっと読む

夏学期、最後のイノベーションリサーチセミナー。 今日も朝9時から発表が続いています。 今日のゲストは、清水先生、 今回で、IMPP生全員がセミナーで発表したことになります。 イノベーションリサーチセミナーは、先生からのコメントだけでなく、他の学生さんの発表を聞いて、刺激を受けるような場ともなっています。  

もっと読む

今日はいよいよ、イノベーションと経営・経済・政策、最終回です。 これまで経営と経済の授業がつづきましたが、今日は「政策」。 担当は、江藤先生です。     科学と技術の違いの話から始まり、、政策がどのようにつくられているか、 といった実践のお話まで。 シラバス 「イノベーションにおける公的セクター(行政機関、研究機関、…

もっと読む