カテゴリー:授業

今日は、イノベーションと経営・経済・政策、第6回目の授業です。 ご担当は、大山先生でした。   大山先生は、今年度がはじめてのご担当です。メッセージのある、熱い授業でした。 「産業発展の原動力としてイノベーションが果たす役割は重要である。この講義では、スピンオフ、サブマーケット、プロセスイノベーション、プロダクトイノベーションに…

もっと読む

イノベーションと経営・経済・政策、本日は、青島先生の授業です。   経営の授業が続いていましたが、「イノベーションと経営・経済・政策」の経営の授業は今日が最後です。今回のテーマは、「イノベーション創出における知識創造と資源動員」   「高い不確実性下で経済価値を社会にもたらす革新であるイノベーションを実現するには、「知…

もっと読む

      2015年夏学期の「イノベーションリサーチセミナーI」、第2回目です。   前回、4月のセミナーは、新入生の皆さんに発表をしていただきましたが、今回は、2年目以上の5人の方の発表がありました。 テーマや手法はみなさん違いますが、「15分」で、どれだけ言いたいことを伝えられるか、発表できる…

もっと読む

イノベーション研究方法論④-⑥

授業 2015年5月27日 postedkimura

5月27日、6月10日、6月24日、全5コマ分の、北野先生の授業がはじまりました。     今日、5月27日は、統計・計量分析の基礎についてお話しいただいたあと、最小二乗法を用いた政策評価についての講義です。 「イノベーション測定のための計量分析手法について解説する.取り扱うトピックは最小二乗法,内生性,操作変数法,パ…

もっと読む

  イノベーションと経営・経済・政策は第4回目の授業です。今日は軽部先生の授業です。 戦略論が凝縮された講義のあとは、学生の課題発表です。 「イノベーションのマネジメントは、不確実性のマネジメントである。この2回の講義では、イノベーションの本質や特徴、その戦略的対処の仕方・マネジメントのあり方について、基本的な講義を行う。その上…

もっと読む

イノベーション研究方法論③

授業 2015年5月13日 postedkimura

イノベーション研究方法論3回目は、清水先生です。 歴史的アプローチについての講義。 イノベーション研究における事例研究・歴史的アプローチを具体的な研究事例を基に考察します。データの収集とハンドリング、コンテクストや歴史性と一般化の可能性などについて学びます。

もっと読む

ゴールデンウィーク最終日。 イノベーションと経営経済政策、第3回目の授業、今日のご担当は、延岡先生です。   「イノベーションと企業経営(戦略と組織)について議論します。イノベーションの経営における重要性は、優れた技術・商品を研究開発することと(広義の「ものづくり」)、それらを社会に展開し、経済的な価値を創出する(広義の「価値づ…

もっと読む

イノベーション研究方法論②

授業 2015年4月29日 postedkimura

  イノベーション研究方法論第2回目の授業。祝日ではありますが、皆さん、真剣に授業に参加されています。今日のご担当は青島先生で、先生の研究をもとにした具体例を交えながら、質問票調査や事例研究など、それぞれの研究方法をわかりやすく説明していただきました。   <<シラバスの内容>> 「理論、仮説、操作化という社会科学の研…

もっと読む

IMPP次回授業のお知らせ

授業 2015年4月26日 postedkimura

次回のイノベーションマネジメント政策プログラムの授業は、4月29日(水)。祝日ではありますが、授業です。 「イノベーション研究方法論」、担当は青島先生です。 理論、仮説、操作化という社会科学の研究の一般的な流れをおさらいした上で、質問票を設計する上での基本的な考え方、さらに事例研究から得られる定性的な情報の補完的利用について紹介していただ…

もっと読む

  月に1度、IMPP生全員があつまる「イノベーションリサーチセミナーI」。 2015年度第1回目のセミナーのご担当は、米倉先生、軽部先生。そして、青島先生、江藤先生、北野先生です。 今回は、4月に入学した1年目の皆さんに発表をしていただきました。 それぞれ、15分で、これからの研究テーマについて、リサーチクエスチョン、先行研究…

もっと読む